1:2015/02/08(日) 05:00:43.53 ID:
 
 外務省は7日、シリアへの渡航を計画していた新潟市在住のフリーカメラマン杉本祐一氏(58)に対し、
旅券法に基づいて旅券(パスポート)の返納を命じ、渡航を阻止した。
外務省筋によると、杉本氏はトルコを経由して、シリアに入国することを公言していたという。
今回の措置は初めてで、憲法が保障する「渡航の自由」との兼ね合いで論議を呼ぶ可能性もある。
 邦人人質事件を踏まえ外務省は警察と共に、杉本氏に対し自粛を強く要請したが、渡航の意思を変えなかったという。
外務省職員が7日に杉本氏に会い、命令書を渡して旅券の返納を求めた。
(共同通信)

ソース
http://n.m.livedoor.com/f/c/9762344

 
2:2015/02/08(日) 05:29:19.39 ID:
さすがにここまでやるのはどうかな
3:2015/02/08(日) 06:06:43.66 ID:
58にもなって、こんな事があった後行こうとするなんて、
自分は絶対大丈夫だと思って死んだ人と同じ。
4:2015/02/08(日) 08:06:16.88 ID:
新潟に杉と男は育たないw
知事と市長とこいつww
5:2015/02/08(日) 16:55:49.14 ID:
「渡航の自由」が侵されて、日本が北朝鮮のようになる!
こりゃまずい。

シリアに入る事を理由にパスポートを取り上げられる
法的な根拠ってなんなの?と素朴な疑問を持ったのだけど。
6:2015/02/08(日) 17:03:09.81 ID:
旅券法の第十三条が『一般旅券の発給等の制限』を規定していて
その7号がこうなっている。

前各号に掲げる者を除くほか、外務大臣において、著しく、かつ、
直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると
認めるに足りる相当の理由がある者

その次に
外務大臣は、前項第七号の認定をしようとするときは、
あらかじめ法務大臣と協議しなければならない

とあるから、たぶん協議した上で決めたんだろうな。